お茶と健康

緑茶で老化の原因を防いで健康維持!カテキンパワーで酸化と糖化を解消!

エイゴ
エイゴ
おはようございます!こんにちは!こんばんは!
『無農薬茶の杉本園』三代目お茶農家のエイゴです!

最近しわが増えてきたな、お腹がたるんできたなという方は居ませんか?
もしかするとそれは老化が原因かもしれません。
緑茶なら飲むだけで老化対策を行い、健康を維持することができます。

私の祖父も先日94歳の誕生日を迎えました。
これだけ元気なのは昔からお茶を毎日たくさん飲んでいるからでは?と思っています。
この記事では老化の原因と、緑茶が老化対策に使われる理由について解説していきます。

そもそも老化の原因とは


人間は加齢に伴って細胞や組織の機能が低下していきます。
このことを老化と言いますが、そもそも老化の原因とは何なのでしょうか?
一般的に老化の原因は「酸化」と「糖化」にあると言われています。
まずは老化の原因となる「酸化」と「糖化」とはどのようなものなのか見ていきましょう。

酸化

酸化とは身体の「サビつき」のことです。
私たち人間は酸素を吸ってエネルギーを生み出していますが、それと同時に活性酸素も体内で生成されています。
この活性酸素こそが身体をサビつかせる物質で、老化を早めるだけでなく、がん細胞の増加や糖尿病や動脈硬化などの原因になると言われています。
活性酸素は年齢とともに増えていきます。
老化対策をしなければどんどん老化が進むことになります。

糖化

糖化とは身体の中でタンパク質と余分な糖が合成され、AGEs(糖化最終生成物)が生成される反応のことです。
酸化は「身体のサビつき」と言われますが、糖化は「身体のコゲ」だと表現されます。
これはAGEsが蓄積されると身体の組織が茶色く変色してしまうことが由来になっています。
また、AGEsは分解されにくい性質を持っており、酸化同様に老化や様々な病気の原因になると言われています。

緑茶が老化対策に使われる理由


緑茶には老化の原因となる酸化と糖化を防ぐことができる「カテキン」「ケルセチン」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。
特にカテキンは、カテキンが豊富にふくまれている緑茶が特定保健用食品(トクホ)に指定されるほどで、消費者庁が効果を認めている成分になります。
カテキンとケルセチンそれぞれの成分について詳しく見ていきましょう。

カテキン

カテキンは植物由来の化学物質であるポリフェノールの一種です。
緑茶の苦味成分となる物質になります。

抗酸化作用があるとされ、糖化の原因である身体の酸化を防ぐ効果が期待できます。
それだけでなく抗ウイルス作用や抗がん作用、コレストロールを下げる作用まで期待出来るという万能な成分となっています。

また、カテキンには抗糖化作用も期待できます。
久留米大学医学部の山岸教授によると、カテキンには血糖値を抑える働きもあり、実際に1日に615mgの茶カテキンを摂取すると、4週間で食後血糖値が抑えられたとの報告があるそうです。
血糖値を抑えられるということは、余分な糖が生成されないということなので、糖化を防ぐ役割があるということが分かりますね。

ケルセチン

ケルセチンもカテキン同様に植物由来の化学物質であるポリフェノールの一種で玉ねぎなどの野菜に多く含まれている物質です。
強い抗酸化作用があると言われており、血流を改善する効果や抗炎症作用も期待できます。
また、大手ブランドのサントリーが行った調査では、ケルセチンと糖が組み合わさった物質である”ケルセチン配糖体”には体脂肪低減効果があることも発表しています。

老化対策で健康維持に効果的な緑茶の種類


緑茶には様々な種類があります。
その中でも老化対策には煎茶、番茶、玉露の順に効果が期待できます。
この理由としては老化を防ぐ効果が期待出来る成分「カテキン」が豊富に含まれているからです。
煎茶、番茶、玉露と言われてもイマイチわからない方もいると思いますが、店頭で販売している緑茶のほとんどが煎茶なので、そこまで神経質になって選ぶ必要はないでしょう。

緑茶は急須とペットボトルで違いがある?


急須で淹れる緑茶とペットボトルの緑茶とでは成分が全く異なります。
静岡県環境衛生科学研究所の調査によると、急須で淹れたお茶はペットボトルのお茶と比べて、旨み成分であるアミノ酸含有量が5倍以上であることが分かったそうです。

さらに京都府消費生活科学センターの調査によると、急須で淹れたお茶はペットボトルのお茶と比べてポリフェノール量が1.4倍多く、カテキンは2.5倍多いと発表されています。

これらの差が生まれている要因としては、使っている茶葉の品質や抽出方法の違いなどが挙げられます。
急須で淹れるお茶の方がペットボトルのお茶よりも旨み的にも老化対策の成分的にも優れているのでおすすめです。

緑茶と老化まとめ

エイゴ
エイゴ
いかがでしたでしょうか。

緑茶で行う老化対策は普段の飲み物を緑茶にするだけと、日々の生活の中に取り組みやすいので、身体の老化が気になっている方に非常におすすめです。
飲んですぐの効果は実感できませんが、継続して飲み続けることで徐々に効果が現れるようになります。
年齢を重ねてきて身体の老化を防ぎたい方はぜひ一度試しみてください!

この記事を書いた人
エイゴ
エイゴ
無農薬茶の杉本園の長男坊!
主に「お茶の製造加工」「ホームページ作成・管理」を担当!
→詳しいプロフィール←