オーガニック日本茶通信

オーガニック日本茶通信:無農薬・有機栽培の美味しい新茶を収穫!

新茶収穫中

通信No.002「1996年08月発行」

残暑お見舞い申し上げます。

毎日ホント暑い日が続きますね。我が家では例年になく遅い二番茶の刈り取り(今年二度目のお茶刈り)が終わり、近頃は草取り、肥料振り、EMストチュー(木酢入り)散布と毎日忙しく過ごしています。

今年もまた昨年同様に真夏の日照りが心配され、お茶の木に水を掛け始めた人達もいます。

東北の方では冷夏では?という声も聞かれ、なにか段々と日本も北朝鮮のように「農作物が採れなくなっていくのかな~」と素人考えでも不安になります。

しかし、この無農薬のお茶畑はカマキリ、バッタ、蜘蛛、ミミズ、雀、ウグイス、セミ、狸、そして何種類かの害虫や今までになく多種類の生物がいて、畑が賑やかになりました。

自然の生態系に戻りつつあるかなって主人と畑仕事の手を休め楽しんでいます。

 

今年の新茶(一番茶)も終わりました。

皆様から多くの励ましのお言葉をいただきました。本当にありがとうございました。とても嬉しかったです。

お茶ひとつでも、こんなに心を通わせてもらえるなんて、お茶はあまり良い出来ではなかったけれど、それに変わる以上の幸せでした。

無農薬でやっている仲間達とも話し合いましたが、やはりお茶がガサガサした感じになったようです。

ある人は「まあ、これが化学肥料を入れないお茶の特徴だよ!しかたないよ」と言っていました。

でも化学肥料に変わる何か別の物でチッソ分を補えないかと、菜種粕より比較的チッソ分の多い大豆粕も畑に入れてみました。

また、今までの畑に加え、今年からは山に囲まれた1haの畑も無農薬でやり始めました。七月いっぱいまではなんとか無農薬できましたが、この夏が心配です……。

(おじいちゃん達もそろそろ渋い顔になってきました。害虫も増えてきました。フーーー)

でもそんなことは言っていられません。私たちの目標に向かって進むだけです。

 

こんなにも素敵な出会いもありました。

自然食通信を見てお茶を買って下さった方の中に、大学で生体情報学を研究されている先生がいらっしゃいました。

「お茶は抗酸化力が強い食物なので、普通に飲むと八割方捨ててしまうのでもったいないですよ。葉から茎まで全部頂いた方が身体にも良いので、粉末にして全部頂いていますよ!」とアドバイスを頂きました。

私達の今までの感覚ではちょっと不思議な感じですが、丁度主人の会社でお茶をパウダーにする機械の試作試験をしていましたので、少しパウダーにしてみました。

それで冷水で溶かしたり、牛乳に混ぜて飲んだり、アイスや和菓子などを作ったり、お料理にも使ったりしました。

自分でも言うのも何ですが、なかなかに美味しいと思いましたよ。宜しければ使ってみてください。

そして面白い使い道などがありましたら教えてください。お願いします。

しかし冷水には溶けにくいので、茶筅などを使ったら良いと思います。残念ながら私は持っていません。

 

無農薬で生き生きと仕事をしています。

毎日暑くて、主人は涼しい朝6:00頃から畑に行き、日中は会社に行き、夕方帰ってから19:00過ぎまで明るいうちは畑に出ています。

私はあまり畑仕事が好きではありませんでしたが、皆様をはじめ、いろいろな出会いにより食べ物の大切さや、人の温かさに触れる度に畑仕事が楽しくなってきました。

自分でも不思議ですが、お茶ばかりか私も皆様に育てられている気がします。

今年は一番茶の出来が今ひとつでしたが、皆様の温かい励ましにはとても助けられました。

暑くても畑に出て、今まであんなに面倒に思っていた草取りがホイホイできます。

嘘みたいです!本当にありがとうございました。

毎日暑い日が続きますがどうぞお身体に気を付けて下さい。

何人かの方に「まだお茶はありますか?」と聞かれました。

あさつゆは200gの袋でしたらまだ少しはあります。

やぶきた、粉末茶は問屋さんに出荷しないで保管してありますので、まだ十分あります。

 

 

お茶農家長男のちょっとした解説と補足

以上が1996年8月に発行されたNo.02でした。

無農薬・有機栽培に切り替えて丁度4年経った頃に書いた通信です。

この頃は失敗が続き試行錯誤していた頃で、EM菌(有用微生物群)、お酢、焼酎、糖蜜などを混ぜたEMストチューや木酢液を散布して、ぼかし肥料を沢山入れていた頃になります。

この頃は化学肥料の代わりにチッソ分を有機肥料で補充しないといけない!という考え方で栽培しています。

その為色々な有機物を入れて試していました。

当時から今まで付き合いの続いているお客様が大勢います。本当にありがとうございます。

通信には自分の成長の記録も書いてあるので恥ずかしさもありますが、これも杉本園の歴史ということで続けていきたいと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!次回のNo.03もご期待下さい!


無料のメルマガを配信中!

無農薬茶の杉本園の最新案内をいち早くお届け!
メルマガ限定お得情報無料お試し商品などもあるかも?

メルマガ登録はこちら!